6月限定のランチ【骨なしハモ天丼】

夏に旬を迎える【ハモ】
京都ではメジャーな食材だが、香川では和食店以外で見かけることは少ない。

通常ハモは小骨が身に食い込むように入っていて、取り除く事は「不可能」と言われてきた。
京都では「骨を切る」骨切りが初夏の季語となるほど主流となり、全国へ広まった。ハモは身と骨を一緒に刻んで食べるのが普通となった。

ハモの骨を取るレジェンドから直接指導を受けた「骨なしハモ」。ジャリジャリしない・・・身を切ってないので旨みが凝縮・・・多くの方が食べたことのない食感と旨み。蔵珈琲では特定の日にちのお昼に限り、天丼で提供予定。

営業を行う日は前日又は当日の朝、インスタグラムの「蔵珈琲アカウント」にて連絡致します。
テイクアウトも受け付けます。

【骨なしハモ天丼】¥1,000(税込)数量限定
【エビ天丼】¥1,000(税込)数量限定
【ミックス天丼】¥1,500(税込)数量限定
※全てテイクアウト可能です